愛知県自転車屋 激安自転車販売!自転車屋専門店リンユウ・グループ(輪友会)!共同仕入&共同販売!よい品が激安!

自転車道

a:2658 t:1 y:1
イトウサイクル

ドイツ人によって、自転車の原型がつくられたのは二百年ほど前。しばらくあって、スコットランド人がペダルをつけた
▼さらに改良されてできたのが「オーディナリ型」。愛好はされたようだが、前輪が後輪よりもかなり大きく、サドルの位置が恐ろしく高いところにあるものもあって、なかなか危険な乗り物であったらしい。そんな次第だから、またまた改良の手が加わって十九世紀後半に生まれた新型は、その名も「セーフティ型」と呼ばれる
▼この「安全」という名の自転車こそが、今日、われわれの乗る自転車の基本形なのだそうだが、このごろは、その「セーフティ」が揺らいでいる。自動車との接触で被害者になることに加え、歩行者に対して加害者になるケースが増えているからだ
▼自転車と歩行者の接触事故は、ここ十年ほどでざっと五倍になり、死亡事故も年に数件は起きている。きのうは、男性をはねて死亡させた愛知県の高校生が書類送検されていたことも明らかになった。夜、下り坂をかなりのスピードで走っており、警察は過失が重いと判断した
法律上、自転車は車道走行が原則だ。だが、現実には危なくて走れないところも多い。さりとて歩道を走れば今度は歩行者が危険。「セーフティ」のためには、費用はかかるが、文字通り第三の道として「自転車道」整備を進めるより根本的な解決策はなかろう
▼自転車は排ガスを出さない。ペダルをこぐ運動は体にもいい。何より、いい季節に風を切って走る心地よさは、格別である。コストをかける価値はある。

中日新聞 2008年3月6日(木曜日) 中日春秋

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional